運転免許④

しばらく、続きを書いていませんでしたが...

運転免許の到着を待つこと、1か月。
わたしの免許は無事に送られてきた。
1か月はかかる、という覚悟はしていたし、、
何か月も待つケースがあると聞いていたので
とにかく、一安心
SSNの取得から考えても、全体としてうまくいった方だと思う

一緒に手続きに行ったパパの分もきっとそろそろ...
しかし、待てど暮らせどまったく送られてこない
あれ~

問い合わせの電話をかけるも、担当者に電話がつながるまで
1時間近く待たされたりして...(結局、待ちきれず断念)
そうこうしているうちに、仮免許の期間である3か月が経過しようとしている
仕方なく、仮免許の更新手続きに行くと
「あなたの入国記録がないので、免許証は出せません。」と言われた。
もちろん、仮免許の更新もできない!

はぁ~??普通に飛行機で入国審査したよ
他にどんな方法で入国するのさ??

まあ、どうせ何かの手違いに決まっているんだけど
現在のパパのステイタスは、不法入国者ってことね

けど、それが事実だとして、放っておくんだ?
日本だったら、調査に来るっしょ。いや、逮捕?

本当にアメリカっておおらかなのね

まあ、よくよく調査すればわかることだし、
地域を管轄するDMVとやり取りをしたところ、
その後、無事に免許は自宅に送られてきたのでした

何の理由もないのに、免許が送られてくるまでに4か月かかった、なんていう人もいたけれど、
中には、必要な書類がなかったから発行できなかった、という人も。
そして、その理由は、仮免を更新に行ったり、
問い合わせをしたり、というこちらからのアクションによって初めてわかる。

そう、向こうからは何の連絡もない
どうやら、そういう書類はとにかく放っておかれるらしい
問い合わせが来て初めて、あーこれね、みたいな感じ。

日本だったら、絶対何らか知らせてくれるよね
ていうか、そもそも受付ける段階でわかるよね 

とにかく、何事も黙っていたら進まない。
アメリカでは、自己主張がとっても大切ってことを
またまた思い知らされたのでした

スポンサーサイト

2011年10月5日

この日、我が家が住んでいるクパティーノ(Cupertino)では
大きな出来事が2つ起こった。

1つ目は、銃の乱射事件
街のはずれにあるセメント工場で、
早朝ミーティング中(午前4時とか4時半とか)に同僚に向かって発砲。
8人が撃たれ、うち3人が死亡という大事件。

しかもその後犯人は逃走
場所を移動して、カージャックを試みるものの失敗。
でもその時に、また新たに一人を撃ちけがをさせた。
この事件は確か午前7時台。

そして、この場所が結構我が家から近い

朝、いつもの通り、起きてきたのだが
何かサイレンの音がすごいなぁ、とは感じていた。
でもまさかこんな事件が起こっているとは


さて、我が家がこの事態に気づいたのはなぜでしょう

答えは、上の息子の学校(高校)区を統括するオフィスから
今日は自宅待機するように、というメールと電話があったから

そう、これがなければ気づかなった!!
朝から英語のニュースを見る、という習慣がなくて....
あわててTVをつけたら、トップニュースになってました。

しかーし、驚いたのは下の子の学校区からは何の連絡もなかったこと
連れて行ったら、案外、今日は学校休み!ってことかな、
と思いつつパパが連れて行ったんだけど、
特に何もなかったんだよねぇ....
とはいえ、どうやら学校ではまったく外に出してもらえず、
ずっと室内で過ごしていた模様。ま、当然だよね。
そして、お迎えの時は教室まで親が行って、
引き取りのサインをしないとダメだった。そりゃそうだ。

結局、この日は犯人は捕まらなかったんだけど、
その間も高校の方からは、
連絡が間に合わず、すでに学校に来てしまった生徒は安全に過ごしていることや
明日の見通し等が丁寧に電話とメールで連絡されてきた。
高校のHPにも、メッセージがあったしね。
でも、小学生じゃなくて高校生の方が手厚いって不思議

翌日、学校は両方とも通常通り。
しかも学校が始まる前の時間帯に犯人は射殺された。
2度目の事件のあったあたりに潜伏していたらしい。

事件当日、SWATまで出動して近辺を徹底的に捜索していたから
警察側としても、このあたりにいる!!って確信があったのかも。

そして高校の方からは、またまたご丁寧に
犯人が見つかったのでもう心配いりません、という連絡があった。
うーん、素晴らしい。
とにかく、解決してよかった

大きな出来事の2つめは、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなったこと
ここクパティーノにはアップルの本社がある。
それに、息子の通う高校はジョブズ氏の出身校でもある。
なので、まったく無関係だけど、なんとなく身近に感じていたりする。

あらためて彼の業績を見ると、やはりすごい人だったと思うし、
ニュースでの報道のされ方、
人々が献花したりメッセージを寄せたりする様子を見ると
日本でこんな風にしてもらえる人はいるんだろうか??と思う。
企業人ではいないんじゃないかな?

すべてを手中にしたジョブズ氏だが、健康だけは手に入らなかったって
コメントしていたニュース番組があったなぁ...
56歳っていうのは若すぎるもん。

ご冥福をお祈りいたします。




プロフィール

a2

Author:a2

国際スクラップブッキング協会(ISA)1級インストラクター
ライフログフォトマスター
メモリーパレットカンパニー キュレーター(Ranger担当)

東海岸と西海岸で
2度のアメリカ生活を
経験しました♪

現在は帰国して
地元名古屋です(*^-^*)

1度目の滞在で出会った
スクラップブッキング♪
2度目の滞在でかなりはまり....
とうとうインストラクター
資格までとってしまいました!
ISA認定校になっております。
興味のある方はご連絡を!

いろんな方と出会ったり、
新しいことを覚えたりして
楽しんでます♡

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR