FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジでの出来事

アメリカでお会計の時、よく聞かれるのが
「欲しいものは全部見つかった?」という質問。

で、見つからなかったっていう人がいると
レジの人が探しに行っちゃったり、
その場で対応してくれたりすると
その後に並んでいた人には大迷惑

ここで聞くことじゃないよな~、といつも思う。


他にもアメリカでは
日本では起こらないようなことが起こる。

以前、マクドナルドでおつりを受け取るとき、
お互い手を伸ばした瞬間、わたしも、そして店員も
あきらかにおつりが多すぎると気付いた

わたしはいくら返せばいいんだっけ?と
頭の中で計算を始めた....が

「Never mind!(気にするな)」と言われた ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

ま、そっちが気にしないならいいか、と
わたしもお釣りを受け取ってしまいましたが

あとで問題にならないのかしら?? (; ̄ー ̄)...


また、お兄ちゃんとその友達がスタバに行ったときのこと

なぜかその友達は100ドル札しか持ち合わせがなかった。

レジに100ドルを差し出すと
店員はちょっと考えて、他の店員たちに一言

「こいつ、100ドルしか持ってないらしいんだ。
 めんどうだから、タダでいいよな?」

え~??? ∑( ̄ロ ̄|||)!!

でも他の店員たちも

「いいんじゃない?」ってことで同意。


友達は意図せず、スタバの飲み物をタダでGet!


おつりを出すのが面倒っていうのが
大きな理由だったようだけど、
意外にこの対応は正解なのかもしれない。

というのは、アメリカでは100ドルの偽札が多いので
100ドルを受け取る際は細心の注意を払っている。
裏に持って行ってチェックしている店もある。

もし、偽物だったりしたら、飲み物代どころか
おつりとして渡した90ドル以上が損害となる。
だったら、ドリンクの1杯くらいタダにしてやっても大したことない。

その店員がそこまで考えていたかはナゾだけど。

いずれにしろ、偽札を警戒して
受け取ってくれないお店もあるくらいなので
アメリカに来る際に両替するのであれば
100ドルを含めない方が賢明だと思われます。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

a2

Author:a2

国際スクラップブッキング協会(ISA)1級インストラクター
メモリーパレットカンパニー キュレーター(Ranger担当)

東海岸と西海岸で
2度のアメリカ生活を
経験しました♪

現在は帰国して
地元名古屋です(*^-^*)

1度目の滞在で出会った
スクラップブッキング♪
2度目の滞在でかなりはまり....
とうとうインストラクター
資格までとってしまいました!
(ISA認定校)
リクルートイベントの講師も
担当しております✨


いろんな方と出会ったり、
新しいことを覚えたりして
楽しんでます♡

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。